第5回特別展 友好都市交流展覧会
センチメンタル 池田修三木版画展
 ‐少女・こども・ふるさと‐



特別展チラシのダウンロードはこちらから

会期 平成29年10月21日(土)〜11月28日(火) ※毎週水曜日休館
会場 大洗町幕末と明治の博物館 別館企画展示室1・2

 池田修三(1922-2004)は、少女と花をモチーフとした作品や子どもたちの情景を描いた作品で知られる秋田県にかほ市象潟町出身の木版画家です。近年、雑誌の特集がきっかけとなり再評価され、全国各地で展覧会が開催されています。

 大洗町とにかほ市は、平成25年に太平洋と日本海のお互いの資源を活かした産業交流を深めながら、経済・文化・教育など幅広い分野の交流によって友好を深めることを目的とする友好都市協定を締結しています。今回、その趣旨に基づき、池田の故郷であるにかほ市の協力を得て、友好都市交流展覧会を開催します。

 ふるさとを愛し、ふるさとから愛された木版画家のセンチメンタルでノルスタジックな世界をご鑑賞下さい。


【関連行事】
○講演会
木版画家池田修三と秋田県にかほ市
日時 平成29年11月5日(日)14:00‐15:30
会場 大洗町幕末と明治の博物館 新館映像ホール
   ※都合により会場を変更させていただく場合もございます。
講師 にかほ市象潟郷土資料館 館長 齋藤一樹氏
定員 50名(先着順)

参加費無料・事前申込制(TELまたはFAXで博物館までお申し込み下さい。)

展示作品
    
     一月         この指とまれ         冬彦

  
     ゆこうよ              鳥海残雪